旅行

「ポワソン・クリュ」タヒチのソウルフードで南国感あがる!

ポワソン・クリュ タヒチ

「ポワソン・クリュ」

タヒチでは街の定食屋さん、国際ブランドホテルのレストラン、フードトラック、家庭の食事どこでもお目にかかれる郷土料理。

魚を食べることは日常的なタヒチですが、「ポワソン・クリュ」はその代表的なソウルフードです。

作り方は簡単、一口大にカットした材料を合わせて調味料であえるだけ。

Youtubeで「2019年ミス・フランス」に輝いたミス・タヒチがフランスの番組でも紹介しています。

ポワソン・クリュ・ココナッツミルク

ポワソン・クリュThis photo of Snack Mahana is courtesy of TripAdvisor

「Le poisson cru au lait coco」
「マグロのマリネ ~ココナッツミルクあえ」

基本レシピ

【材料】
1.まぐろ
2.たまねぎ
3.トマト
4.きゅうり(ズッキーニ)
5.にんじん
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
6.レモン
7.塩
8.こしょう
9.ココナッツ・ミルク(甘くないやつ)

【作り方】

  1. 【材料1~4】を食べやすい大きさにカット
  2. カットした材料をボウルに入れてレモンを絞り混ぜる
  3. 塩・こしょう・(砂糖)で味を調える
  4. ココナッツミルク投入!

ポワソン・クリュ・シノワーズ

ココナッツミルクを入れない「ポワソン・クリュ」もあります。

タヒチには、中国系の移民が多くいるので、アレンジされたのでしょう。

Le poisson cru à la Chinoise】
「マグロのマリネ ~中華風」

基本レシピ

【材料】
1.まぐろ
2.たまねぎ
3.トマト
4.きゅうり(ズッキーニ)
5.にんじん
6.大根(かぶ)
7.万能ネギ
8.しょうが
9.にんにく
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
6.レモン
7.塩
8.こしょう
9.酢
10.サラダ油
11.砂糖

【作り方】

  1. 【材料1~6】を食べやすい大きさにカット
  2. しょうが・にんにく・ネギはみじん切り
  3. 材料を混ぜて全て混ぜて味を調節
  4. ネギをふって出来上がり!

タヒチの家庭に滞在すると、朝・昼・晩テーブルにあることもしょっちゅうです。

ポワソン・クリュをつくってみよう!

材料について

仕様する魚は「まぐろ」にこだわらなくても良いのですが、タヒチのポワソン・クリュはほとんどがまぐろです。

マヒマヒ(シイラ)やカジキなどが使われることもあります。

日本でやるならマグロの赤身がちょうど良い。

レモン

日本で「レモン」といえば黄色でるが、タヒチでは緑色です。

「じゃあ、それはライムじゃん」と言いたくなりますが、「シトロン・ヴェール=citron vert」で売っているので、緑レモンです。

調べてみたら、日本では「タヒチライム」と命名された柑橘で知られているんですね。

私も初めて知りました。タヒチでは、色は緑でも「シトロン」はレモンです。

きゅうり

きゅうり、もしくはズッキーニと記載したのですが、タヒチのスーパーへ行くと

きゅうりは「Concombre」、ズッキーニは「Courgettes」としてどちらもあります。

現地の人は、「ポワソン・クリュ」にいれるのはきゅうりだというので、きゅうりとしていますが、日本のきゅうりよりもズッキーニよりの見た目です。

食感もきゅうりよりズッキーニっぽい。

日本でつくるなら、ズッキーニのほうが本場っぽくなるかも。

トマト

トマトはトマトで日本のものと大差はないのですが、何と言うか、素朴な味です。

野性味があるというか、言葉は悪いですが洗練されていないというか。。。

でも、私はタヒチのトマトが好きです。甘すぎなくて野菜って感じがして、酸味が強くて皮がしっかりしている印象です。色も真っ赤ではなく若い感じがします。

「ポワソン・クリュ」には、甘い熟したトマトより、若くて少し青味がかったトマトのほうが合うと思います。

 

タヒチに行ったら、ほっといても食べることになるでしょう!

あえて日本で作ってみてください。南の島を感じます!